ロード中...

和紙へのこだわり

和傘へのこだわり

「意匠和傘KIMIKO」は古き良きを現代に伝え
  伝統工芸を未来へ繋げる役割を担っています。

1300年の歴史を持つ徳島の阿波紙を使用

徳島の阿波紙職人

意匠和傘KIMIKOは発色の良いインクジェット専用和紙

「雲竜」を使用。
楮(こうぞ)の繊維が織り込まれているのでゴツゴツとした
本物の和紙の雰囲気をお楽しみいただけます。

雲流(うんりゅう)画像
雲流(うんりゅう)は、楮の細い繊維を残したまま漉きあげています。
紙にすると、「雲が流れているような」雰囲気に仕上がります。
繊維にインクが流れていき滲むのを避けるため、表面に顔料コートをして、
滲みを抑えています。

[和紙][漆][竹]の天然素材を楽しむのが和傘の醍醐味です!


『ビニールやプラスチック、金属などを使ってしまえば、
 それはもう「和傘」ではなく「コウモリ傘」である』

 弊社ではそのような価値観において伝統工芸品を大切に取り扱っております。
和紙][漆][竹]の天然素材
※和紙ではなくビニールを使い、骨全体へ漆加工を行わない他社製の
  和傘風類似品にはご注意ください